インビザライン矯正について知っておいたほうがいいこととは?

インビザライン矯正の特徴

歯並びが悪いとむし歯、歯周病、不快な口臭、あごの疲労、歯のすり減りのようなトラブルが起こる原因になります。 また、見た目が悪く、周囲の自分に対する好感度にまで影響してしまいます。このような歯並びの問題は、 ブラケットやワイヤーを装着して整えることも可能ですが、ブラケットの違和感が強く、 これを装着することなく歯並びを矯正したいと希望する人は少なくありません。 このような人に対して行なうかどうかを考える矯正方法の一つがインビザライン矯正です。

インビザライン矯正はブラケットやワイヤーを装着することなく歯並びを整えるマウスピース矯正の一つです。 歯型に適合するよう製作された透明なアライナーという名前の板を装着し、歯並びを直していきます。 透明であるため、にっこりと笑ってもまわりの人には歯並びの矯正をしているとわかりません。 早ければ数ヶ月、遅ければ2年程度の治療期間を要しますが、通院は2ヶ月に1回ほどの低頻度でよく、患者の通う負担が軽いです。 また、インビザライン矯正は自分で取り外しが可能です。矯正前と同じく食事を楽しむことが可能であり、 マウスピースは薄くなめらかであるため、喋りづらいと感じるようなこともまずありません。

取り外しができるということで歯のブラッシングもこれまでどおり行なえて、むし歯や歯周病などのリスクは低いですし、 装置自体も簡単に洗浄を行なうことが可能であり、清潔に維持しやすくなっています。 また、歯列矯正は痛いイメージがあるという人もいるでしょうが、インビザライン矯正は古くからある矯正装置と比べると、 痛みが軽い矯正方法でもあります。 以上のような魅力があるインビザライン矯正ですが、 当サイトではほかにも事前に知っておいたほうがいいことをご紹介します。より詳しくこの矯正方法のことを知りたいという人は、 別のページの内容もぜひご覧ください。

≪Special Link≫
マウスピース矯正・・・インビザライン矯正のデメリットもありますが、見た目が気にならないという点ではオススメです。そんなインビザライン矯正ができる表参道のクリニックを紹介します。